Weingut Janson

ワイナリー Janson、フェンダースハイム(ラインヘッセン)

フェンダースハイムのワイナリーJansonは、Oliver Jansonが妻Ursulaと両親WolfgangJuttaと共に設立した小さなワイナリーです。この小さな家族経営のワイナリーは、所有する最初のワイン畑のための税金の支払いを示す古い文書に登場しており、Daniel Janson1790年に基盤を確立しました

このワイナリーは、フェンダースハイムとウォルフスハイムに合わせて20ヘクタールの土地で構成されています。フェンダースハイムはラインヘッセンの中心ヴェルシュタットから北に位置し、地理的にも気候的にもとても恵まれた場所です。

地質と気候

フェンダースハイムは氷河地形の地質で、ヴェルシュタットからフェンダースハイムに入ると非常に明確に分かります。 丘の上からは、フェンダースハイムと周辺のブドウ園の美しい景色を眺めることができます。

氷河期の後に氷河が溶けると、石灰岩と炭酸カルシウム・泥灰岩(マール)が斜面を滑り落ち、フェンダースハイム周辺の斜面にブドウ栽培に典型的なブドウ園の土壌を形成しました。

また、年間平均降雨量が400 ml / m2未満のフェンダースハイムは、ドイツで最も乾燥した地域の1つです。 ぶどうの木は強く成長し、ワインをさらに良くします。

Familie Janson vom Weingut Janson

グーツワイン & オルツワイン

グーツワイン (“Wolfgangコレクション”):Jansonのエステートワインは親しみやすいワインです。 クリアでバラエティーに富んでいます。

オルツワイン (“Oliverコレクション”):これらのワインは、フェンダースハイムとヴォルフスハイムの厳選されたブドウ園で採れます。 典型的な石灰岩と炭酸カルシウム・泥灰岩(マール)の土壌が特徴です。 非常に多くのミネラル・スパイスのある力強い白ワインと赤ワインです。

ラーゲンワイン

ラーゲンワイン (“Danielコレクション”):長年の経験から、どのブドウ園が最も価値があるかが示されています。 手作業、低収穫量、遅い収穫にブドウの選別、長い熟成期間を通じて、大きな可能性を秘めた唯一のワインが生み出されます。

フェンダースハイム “Güldenloch”:約30%の傾斜と南向きのこのブドウ園は、高温で乾燥した石灰岩の土壌です。少ないけれども非常に熟したブドウが生産されます。

フェンダースハイム “Am Hohlweg”:フェンダースハイムの伝統的なブドウ園(石灰岩の土壌)です。南~南西向きのため、そこで育っているブドウは特に太陽の恩恵を受けます。

ワイナリー Janson

ワインセレクション

Wolfsfeld Weinで現在お求めいただけるワイン

ワイン一覧