Stadttor von Chablis

ドメーヌ Gérard Duplessis(シャブリ)

シャブリ – ブルゴーニュの北にある人口2400人ほどの小さな村があります。ここが非常に特別な白ワインの起源なのです。すでに9世紀から僧侶たちは村の北の小さな丘にワインを植えました。現在ではシャブリの7つのグラン・クリュとして知られているところです。信じられないほどのミネラルを含み、長持ちするこの丘のワインは、この小さな村を世界的に有名にしました。

ワイナリーの5代目を担うLilian Duplessisは、8ヘクタールの畑に40パーセルに渡ってワインを育てています。1つのグラン・クリュ畑 (Les Clos)、6つのプルミエ・クリュ畑 (Vaugiraut, Mont de Milieu, Fourchaume, Montée de Tonnerre, Montmains そして Vaillons)はそれぞれが異なる土壌の性質を持つため、独特な特徴があります。そして、アペラシオンChablis と Petit Chablisも所有しています。

全てを手作業で行っています。

ワインはブドウで作られるという原則に忠実で、肥料も殺生物剤も使用せず、2009年以来一貫して有機農業を貫いています 彼のシャブリ2013年は、FR-BIO-01によると、現在”vin biologique (オーガニックワイン)”とラベル付けされた最初のヴィンテージです。

醸造と熟成

地下には、各ワインとすべてのパーセルをそれぞれ独立して醸造するのに十分なステンレスタンクがあります。シャブリとヴォージロは合計15か月間、その他のプルミエ・クリュとグラン・クリュ”Les Clos”は12ヵ月間の後木樽で6ヵ月間熟成されます。

その後、プルミエ・クリュとグラン・クリュは地下のオーク樽でさらに6ヵ月間熟成され、非常に繊細で複雑なアロマを形成します。 ミネラルは多いですが地理的状況が異なるため、シャブリの特徴にも現れています。非常に上質なミネラル豊富なワインから、花のアロマ、重厚でで支配的なワインまで、彼のシャブリのスペクトルは様々です。

ドメーヌ Gérard Duplessis

ワインセレクション

Wolfsfeld Weinで現在お求めいただけるワイン

ワイン一覧