Domaine de la Guicharde Innenhof

ドメーヌ de la Guicharde (モンドラゴン-デルブー、コート・デュ・ローヌ)

ドメーヌde la Guichardeはローヌの南、旧ローマ帝国の都市オランジュから約30㎞北に位置し、マシフ・デュショーの中心の小さな町デルブーにあります。

1988年にArnaud Guichardeがドメーヌを引き継ぎ、熱意と新しいアイデア・創造性を持って取り組んできました。40ヘクタールのブドウ園ではグルナッシュ・ノワール、シラー、ヴィオニエ、ルーサンヌ、マルサンヌ、グルナッシュ・ブランを育て、上質のオリーブオイルを生産するオリーブ畑も作りました。

唯一無二のテロワール

マシフ・デュショー100万年前に形成された丘陵地帯です。長年かけてここには海洋生物の死骸が蓄積され、ワインに豊富なミネラルを与えています。

地中海気候で降水量は一年を通してばらつきがあります。夏は全く雨が降らず、秋には降水量が多くなっています。ドメーヌのブドウ園を歩いていると、個々のブドウ畑とパーセルは不規則に分布しているのがわかります。多くはオークや地中海松に囲まれており、ローヌ地方のワイナリーにさらされる病気から保護してくれています。

“ビオディナミ(Bio-Dynamie)” への道

1988年にArnaud Guichardeがワイナリーを引き継いでから、2002年にはワイナリーはBIO栽培に切り替え、2013年からは“Bio-Dynamisch”として管理、Demeter認定を取得しています。それまでの道のりを彼はこう記しています。

“有機農業に切り替えた後、Bio-Dynamieへの美しい道はとても自然に感じられました。まだ始めたばかりの頃でさえ。それは私たちを驚かせ、影響を与え、喜ばせてくれます。もっとブドウ園に注意を払い、土壌が伝えたいことを感じ取り、ブドウの木に不足しているものを環境に配慮した方法で補います。これらすべてのドメーヌの新たな冒険を数年前から経験できたことに感謝しています。”

Reben Domaine de la Guicharde

堆肥とスプレー製剤というやり方で、土壌とブドウの木を活性化するBio-Dynamie製剤を、年間スケジュールの中で正確な時期に使用しなければいけません。その他にも短い言葉では表現しきれないことがたくさんあります。しかし、Bio-DynamieアドバイザーのJacques Mell氏の支援とサポートにより、2013年に最初のBio-Dynamieヴィンテージが完成しました。

弊社ではドメーヌde la Guichardeの白ワイン1種類、ロゼワイン1種類、赤ワイン3種類を扱っております。ドメーヌde la Guichardeのウェブサイトもご覧いただけます(フランス語のみ)。

ちなみに、3つのゲストルームの1つに宿泊できます。―快適でリーズナブルで休暇にもオススメです。

ドメーヌ de la Guicharde

ワインセレクション

Wolfsfeld Weinで現在お求めいただけるワイン

ワイン一覧