Chateau Vignol Entre-Deux-Mers

シャトー Vignol in サン・カンタン・ド・バロン (Entre-Deux-Mers、ボルドー)

Doublet家は18世紀の終わりからボルドーでワインを栽培してきました。 シャトーVignolはもともと、ワイン好きでこの領地を発展させた哲学者、モンテスキュー男爵にまでさかのぼります。 その後、19世紀には、当時のルイジアナのフランス植民地の邸宅スタイルで特徴的な邸宅が建てられました。
“Entre-Deux-Mers”は2つの川(ガロンヌ川とドルドーニュ川)の間という意味で、Doublet家は白ブドウの品種ソーヴィニョン・ブラン、ソーヴィニョン・グリ、セミヨンとミュスカデル、および2つの赤ブドウの品種カベルネ・ソーヴィニョンとメルローを栽培しています。 白ワイン、赤ワイン、ロゼワイン、ボルドーClairetはこれから作られています。

1970年代、DominiqueとBernard DoubletはシャトーVignolで高品質のEntre-Deux-Mersワインの生産を始めました。 Entre-Deux-Mersの白ワインは、爽やかな酸味とグーズベリー、ライム、エルダーフラワーの香りを備えた生き生きとした新鮮さが特徴です。 シーフード、魚、グリル料理、そしてもちろんアスパラガスと非常によく合います。

メルローとカベルネ・ソーヴィニョンをベースにした典型的なボルドーClairetもここで作られています。 これは実際にはロゼワインではなく、淡い赤色のワインです。Clairetのマイシュ(原汁を発酵させた後に蒸留する)時間はロゼよりも大幅に長いため、ワインの赤色は濃くなり、もちろん熟したタンニンが多くなります。

Chateau Vignol St Quentin de Baron

シャトー Vignol

ワインセレクション

Wolfsfeld Weinで現在お求めいただけるワイン